2020年 3学会共同研究会(日本キャリアデザイン学会・日本労務学会・日本労使関係研究協会)

開催日
2020年3月28日(土) 15:00~17:40
テーマ
自前の理論で研究する -小池和男教授の研究史、その可能性-
【 研究会詳細 】

戦後の労働経済、人事労務管理、労使関係の研究において、大きな研究業績を残された小池和男教授が、2019年にお亡くなりました。「小池理論」と呼ばれた研究成果を、我々がどのように継承し、時に議論し、そして、新しい理論の構築に活かしていくのかは、現在の研究者の使命といえます。しかし、小池理論は有名であっても、小池流の理論と調査がどのように行われたのかについては、十分な理解が行われているわけではありません。単に小池理論を教科書的に学ぶのではなく、小池流に研究するとはどのような思考、心構え、工夫が必要となるか。研究者たちが、集まり議論し、小池先生との熱い、知的バトルを繰り広げたいと思います。

日本キャリアデザイン学会・日本労務学会・日本労使関係研究会の共催研究会になります。

3学会共同研究会(日本キャリアデザイン学会・日本労務学会・日本労使関係研究協会)
日 時

2020年3月28日(土) 15:00-17:40
       懇親会 18:00-19:30

登壇者

司会 石山恒貴(法政大学大学院政策創造研究科研究科・教授・日本労務学会関東部会長)

脇坂明(学習院大学経済学部・教授、日本キャリアデザイン学会会長)
「キャリアとしてのOJT」

石田光男(同志社大学社会学部産業関係学科・教授・日本労務学会理事)
「制度研究よりみた小池理論の達成と課題」

藤村博之(法政大学経営大学院イノベーション・マネジメント研究科教授・日本労使関係研究協会会長)
「臨機応変―海外調査の現場から」

梅崎修(法政大学キャリアデザイン学部・教授・日本キャリアデザイン学会・研究会企画委員長)
「労働・職場調査のモデルと方法―『聞きとりの作法』を中心に」

参加費

会員・一般/無料
(懇親会費:3,000円(税込)*事前申込み制)

定 員

先着100名
(懇親会:先着60名)

会 場

法政大学市ヶ谷キャンパス 新一口坂校舎301

https://www.hoseikyoiku.jp/facilities/shinhitokuchizaka.html

〒102-8160 東京都千代田区富士見2-17-1

【JR線】 総武線:市ヶ谷駅または飯田橋駅下車徒歩10分

【地下鉄線】 都営新宿線:市ヶ谷駅下車徒歩10分

【地下鉄線】 東京メトロ有楽町線:市ヶ谷駅または飯田橋駅下車徒歩10分

【地下鉄線】 東京メトロ東西線:飯田橋駅下車徒歩10分

【地下鉄線】 東京メトロ南北線:市ヶ谷駅または飯田橋駅下車徒歩10分

【地下鉄線】 都営大江戸線:飯田橋駅下車徒歩10分

http://www.hosei.ac.jp/access/ichigaya.html

お申し込み

3学会会員様一括して下記より申し込みを受け付けております

お申し込みは
こちらから