2022年 第1回キャリアデザインライブ!

開催日
2022年1月17日(月)19:00~20:30
テーマ
対話とは何か? ~「対話」を展示するダイアログ・ミュージアム「対話の森」を主宰する志村季世恵さんを迎えて考える~

【 研究会詳細 】

見えないからこそ、見えるもの。
聞こえないからこそ、聴こえるもの。
老いるからこそ、学べること。

ダイアログ・ミュージアム「対話の森」のホームページの冒頭にはこのメッセージがあります。対話の森とは? | ダイアログ・ミュージアム「対話の森®」 (dialogue.or.jp)

ここ「対話の森」の中のダイアログ・イン・ザ・ダーク、ダイアログ・イン・サイレンス、ダイアログ・ウイズ・タイムという3つの体験型エンターテイメント施設では、それぞれ視覚障がい者・聴覚障がい者・高齢者が、見えない世界、聴こえない世界・年を重ねた世界をアテンド(案内)してくれます。ハンディキャップや世代、文化、宗教、民族など世の中を分断しているたくさんのものを対話によってつなげていく。「対話の森」の主催者である志村季世恵さんにこの施設にこめている思い、また実際にそこで起きている変化等、ダイアログ・イン・ザ・ダークのアテンドスタッフも交えて語っていただきます。

会話でもなく、ディベートでもなく、議論とも違う、「対話」とは何でしょう?これを考えることで人と人とのつながりについて、わかりあうことについて一歩深めていきませんか。

キャリアデザイン学会に集う人、興味のある人であれば、人と人とのつながりについて、もっと深く知りたいと思うはず・・・今回はそんな意図から企画しました。

「対話の森」を訪れたことのある人も、ない人も、多くの人の参加をお待ちしています。

日 時

2022年1月17日(月)19:00~20:30(オンライン入場開始:18:45~)

会 場

Zoomによるオンライン配信
※申し込みいただいた方にzoom IDをご連絡いたします。

ゲスト

志村 季世恵(しむら きよえ)さん

一般社団法人ダイアローグ・ジャパン・ソサエティ代表理事。「ダイアログ・イン・ザ・ダーク」コンテンツプロデューサー。「ダイアログ・イン・サイレンス」総合プロデューサー。1999年日本でのダイアログ初開催以来、アテンドの研修ならびにコンテンツ開発を担当。発案者アンドレアス・ハイネッケ氏から暗闇の中のコンテンツを作ることを任されているただ一人の女性。

主な著書
『さよならの先』(講談社文庫)、『いのちのバトン』(講談社文庫)、『まっくらな中での対話』茂木健一郎(講談社文庫)等

聞き手

鬼沢 裕子(研究会企画委員)

参加費

会員/無料、非会員/2,000円(事前申込制)

会員の方
お申込み
非会員の方の
お申込み